ご挨拶

近年、世の中はこれまでにないスピードで変化してきており、その流れの中で、さまざまなことが便利になってきた一方で、逆に何事にもスピード化が求められ、現実的なギャップとの狭間でストレスが増加しています。
また、どんなに機械化、電子化が進んだとしても、人のこころは変わらず、いつの時代であっても「とても繊細で複雑」なものですから、仕事、家庭、学校などの、どの領域においても、メンタルヘルスの問題として、大きく複雑になってきています。

そこで、私たち目白心理総合研究所では、少しでも皆さまのこころが軽くなるような、元気を取り戻せるようなお手伝いをさせていただきたいと考えています。
日々の中で、皆さまのこころを悩ませたり、沈ませたりさせる問題や、そのお気持ちをぜひ言葉にしてほしいと考えます。

・職場や学校での人間関係
・家族との関係
・自身の好ましくない思考や行動
・発達上のつまずき(発達障害等)
・忘れることのできない辛い体験
・心身上の悩み
・今後の生き方   など

悩みや問題に小さい、大きいはありません。
また、自分だけが変だとか、誰かとまったく同じ、ということもありません。
私たちは一人ひとりの言葉に真摯に耳を傾け、寄り添い、その方に合ったカウンセリングやコンサルティングを通して、「生きづらさ」を改善、解消させ、より良い生き方、豊かな人生の実現に向けたお手伝いをいたします。

そのためにも、私たち目白心理総合研究所では、より質の高い支援が提供できるよう、常に研修を積み重ねて、マインドとスキルの両面からカウンセラーやコンサルタントを育てています。
悩みや問題を一人で抱え込まず、まずは勇気を出して、こころの専門家である私たちに語ってみてください。

一般社団法人 目白心理総合研究所

理 事 長   谷口 知子